もっと知りたい 囲碁プロ棋士

Q 収入はいくらなの
A 高額所得者ごくわずか/碁指導のアルバイトも

 日本棋院の場合、晴れてプロになると、段位によって数万円から十数万円の基本給が棋院から支給される。また、棋聖戦をはじめとするプロのタイトル戦に出場できるようになり、そこでの対局料も大きな収入源となる。もちろん優勝すれば、棋聖戦の四千二百万円を筆頭に、高額の賞金を手にすることができる。

 ちなみに、八大タイトル(棋聖、名人、本因坊、十段、天元、王座、富士通杯、碁聖)の対局料、賞金を合わせた獲得額ランキングで、昨年の一位は棋聖などを取った王立誠十段で約六千四百万円。依田名人も四千三百万円を超えて堂々の二位、山下棋聖、小林九段もそれぞれ七、十位とベストテンに顔を並べている。

 しかし、これら「高額所得者」はごく一部にすぎない。この八大タイトルランクでも、一千万円超は十二位まで。三十位となると四百八十万円とサラリーマン並み。ほとんどの棋士は、年収二百万−三百万円程度という。

 特にプロになったばかりの若手は、タイトル戦に出場はできるものの、多くの場合は一回戦負けで終わってしまい対局料はあまり入ってこない。フル出場したとしても、年収は百万円に満たない。このため、囲碁教室で教えたり、企業などの囲碁クラブで顧問になるなど“アルバイト”で生活を支えているのが現状だ。

2002年囲碁八大タイトル(棋聖、名人、本因坊、十段、天元、王座、富士通杯、碁聖)対局料・賞金の獲得額ランキング
順位 棋士 獲得タイトル 獲得額(円)
1
王立誠 棋聖、十段
63,892,000
2
依田紀基 名人
43,653,000
3
加藤剱正 本因坊
41,867,600
4
王銘◆ 王座
40,426,000
5
趙治勲  
31,675,600
6
柳時熏  
28,977,800
7
山下敬吾  
21,992,600
8
羽根直樹 天元
21,604,000
9
趙善津  
19,294,600
10
小林光一 碁聖
15,406,600
11
張栩  
13,745,400
12
林海峰  
12,058,600
13
彦坂直人  
9,904,600
14
山田規三生  
9,446,600
15
小林覚  
8,636,600
16
武宮正樹  
8,046,600
17
中小野田智己  
7,571,400
18
三村智保  
7,487,200
19
石田芳夫  
7,145,200
20
淡路修三  
6,730,200
21
片岡聡  
6,547,400
22
溝上知親  
6,246,400
23
大竹英雄  
6,196,600
24
宮沢吾朗  
5,666,200
25
蘇耀国  
5,299,400
26
後藤俊午  
5,064,600
27
工藤紀夫  
5,030,800
28
小松英樹  
4,821,400
29
森田道博  
4,807,200
30
河野臨  
4,800,400
(日本棋院調べ)
※太字は北海道出身者。富士通杯は世界選手権で、李世鎬七段(韓国)が獲得したため、ランキングには入っていない
(注)◆は「王へん」に「宛」
        

戻 る
北海道新聞
Copyright(c) The Hokkaido Shimbun Press.